結婚式次第
写真イメージ新郎新婦、親族入場


新郎、新婦、媒酌人、ご両親、ご親族に入場していただきます。


一同一礼

写真イメージ修祓


災いや罪けがれを取り除く、身を清めるあめの儀式です。祭員が祓詞(はらえことば)を奏上し、大麻(おおぬさ)で全員をおはらいします。


献饌


斎主が神前にお酒や食物のお供え物を捧げます。お神酒の入った瓶子(へいし)の蓋を開けるだけの場合もあります。式開始の儀式です。


祝詞奏上


斎主が御神前にお二人のご結婚を奉告します。新しい門出をお祝いするため、祝詞を読み上げて末永い幸福を祈ります。


写真イメージ巫女舞


日本古来から伝統した雅楽の調べにのせて、巫女が豊栄の舞を御神前に奏します。舞にはお二人の幸せと繁栄の祈りが込められています。


熨斗の儀


神前式の歴史より以前からお祝いに用いられてきた、家族祭祀継承の儀式です。


写真イメージ誓盃の儀


三三九度の略儀。新郎新婦が交互にお神酒を酌み交わし、夫婦の契りを固く結ぶ儀式です。


写真イメージ指輪交換


指輪の交換をいたします。


写真イメージ神楽


祭員が鈴をふりながら、新郎新婦の頭上に神楽御幣を振りかざして身を清める儀式です。


写真イメージ誓詞奉読


お二人が一緒に誓詞を読み上げ、夫婦の永遠の契りを神の御前で誓って頂きます。その後、誓詞をたたみ玉串案に置いて頂きます。


玉串奉天


榊(さかき)の枝「玉串」を神前の玉串案にお供えし、お二人の願いを神々に祈ります。


写真イメージ親族盃の儀


ご両家でご親族様全員で御神酒を頂く、親族固めの儀式です。巫女の介添により、ご両家の代表、ご親族様全員、新郎新婦様、ご媒酌人夫妻の順で盃を上げて頂きます。


撤饌


斎主が神前にお酒や食物のお供え物を下げます。式終了の儀式です。


写真イメージ記念品贈呈



一同一礼

写真イメージ斎主挨拶


斎主からお祝いの言葉が述べられます。


新郎新婦参列者退下

※挙式時間は約40分です。
※新郎様側、新婦様側各30名様(ご両家合計60名様)まで参列可能です。
※ご友人・お知り合いの方の参列も可能です。

ページのトップへ